株取引で信用取引を行うことができるか?

利益を残す為にに必要な空売り

株取引での信用取引は他のマーケットに比べると意味が変わってきます。マーケットに参加するための信用ではなく、個人投資家と証券会社の間での信用という意味になります。
証券会社は、信用できる顧客には信用取引の権利を与えます。内容は空売りができる権利と、証拠金の3倍の取引ができる権利の二つです。この内、前者の方が重要です。
空売りというのは証券会社に株を借り受けて売りから入り、値下がりしたところで買い戻す方法です。これによって買い以外にも収益を出す方法を手にする事ができるのでチャンスが増えてきます。これこそが株取引での信用取引であり、投資家として成功するためのシステムになります。逆に、空売りができなければ短期売買はしない方が良いといえます。

信用取引はあくまで流動性を高めるため

株取引の信用取引枠は3倍です。少ない様に感じますが、株自体が単価が高いのでこれ以上のレバレッジは証券会社も受ける事ができません。3倍でも個人投資家にとっては、利食い金額が3倍になるので専業トレーダーには無くてはならない存在と言えます。
株取引で信用取引枠を3倍にしている本当の目的は、個人投資家の為ではありません。マーケットの流動性を大きくする為です。株取引は大きなニュースや悪い材料が出てくると注文が約定しない事が頻繁にあります。それを解決するために個人投資家や海外の投資家の参加を煽るために、信用取引枠を3倍にしていると言っても過言ではありません。
結果的に個人投資家も信用取引枠を利用していますので、株取引における信用取引は欠かせない存在と言えます。