信用取引を行うことでのメリットについて

少額の証拠金から参加できます

信用取引のメリットは各相場によって性質が異なりますが、共通して言えるのが少額の証拠金から参加できるという点です。株取引では3倍、先物市場では10倍、為替取引では25倍と信用取引枠があります。株取引はこれに付け加え空売りの権利も艇に入れる事ができるので、取引のバリエーションも増えてきます。
先物市場は性質上短期決戦になりますので、信用取引を利用する事で一瞬にして大金を手にする事ができます。もちろんリスク管理を徹底する事が前提にあります。為替取引は信用取引枠が無ければ参加できません。本来は銀行同士の取引なので扱う金額が日本円で100万円単位だからです。一般投資家が参加できる様になったのは、レバレッジと呼ばれる信用取引のおかげです。

短期間で財産を築けます

相場の本来の目的は稼ぐ事です。物の売買やリスクヘッジでもありません。特に為替取引はその色合いが濃く銀行も投機目的で毎日、多額の建玉と決済を繰り返しています。銀行の利益は意外ですが、投機で得ているもの多くあります。
これは、個人投機家にも言える事です。何年も掛からないと貯め込めない金額を、一か月で稼ぐ事も可能です。ポジションサイズを大きくすれば、一か月分の給料を一日で稼ぐ事も現実的な話になります。
もっと大きく稼ぎたいという願望がある人は、複利計算方を使えば雪だるま式に証拠金は増えていきます。信用取引枠を上手く利用すれば複利計算も効果的に活用できます。
信用取引は使い方さえ間違えなければ、稼ぐ事のできるありがたいサービスと言えます。