信用取引とはどんな取引か?

信用取引とメリットについて

一般的にお金を出して株を買う行為を現物取引というのに対して、信用取引とは株式購入のときに自分のお金を担保に入れて、その何倍ものお金を証券会社から借りて株式購入を行う取引の方法です。
現物取引ではお金を持っている分の株式しか購入することができません。しかし信用取引を使うことによって自分の持っている資金以上のお金を動かすことができ、さらに売り建てからはいることで買いからではなく売りから入ることができ柔軟と株式投資が可能となります。これによって資金力の少ない人でも大きく勝負できるチャンスが増えます。さらに売りから入ることで全体が下落相場にあるときでも、高く売ってその後で買戻しをするので利益を生むことができます。

信用取引の注意点について

ここまで信用取引の概要とメリットについて述べてきましたが当然注意しなければならない点もあります。
まずはお金を証券会社に借りているので現物取引のときには無かった手数料がかかってきます。この手数料が利益を圧迫する原因にもなります。そしてお金を借りていて自分の持っている以上の資金を動かすことになるので、現物のときは最大の損失はゼロになることだったのですが、信用取引の場合はすべてゼロになると自分の資金がなくなるだけではなく、証券会社から借り入れている分を返済しないといけないので、大きく負けてしまうとゼロになるどころか借金を背負う可能性があります。なので自分のスタイルに合っただけの借り入れを行う必要があります。